×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

胃がん症状

胃癌は最もありふれた癌

 

胃癌発生を増加させる要因は慢性萎縮性胃炎、遺伝的要因、食餌要因、その他環境要因などが指摘され、特に喫煙者は非喫煙者に比べて胃癌にかかる危険度が2-3倍ほど高く現れます。

 

胃癌の症状は初期には無症状の場合が多く癌が進行するほど疼痛、体重減少、嘔吐などの症状が現れることになります。

 

したがって早期には症状だけで胃癌を診断できません。

 

胃癌の初期段階にはすべての症状が曖昧なだけでなく、胃癌特有の症状が殆どないということです。

 

まれに症状があるといっても、医者でさえも見逃しがちな一般消化器官系統の疾患でよくある症状(消化不良、嘔吐、腹部膨張感、不快感、前身倦怠、胸焼け等等)と似ていて、たいしたことではない消化器系増悪と見なしてしまいやすいのです。

 

また胃癌の場合、すべての症状がとてもゆっくり進行しますから、胃癌がだいぶ進行するまでほとんど深刻な自覚症状がありません。

 

胃癌が憤門部あるいは幽門部に発生する場合は、初めから嚥下困難や食物がよく降りて行かないなどの通過障害を感じることになります。

 

潰瘍性で血管を侵した場合には、胸が痛んだり出血が現れることになります。

 

20世紀中盤から胃癌の発生は先進国で顕著に減少しましたが、これは主に食生活の変化から来た結果であると分析されています。
したがって胃癌を予防するための一番の方法は食生活改善が重要です。

 

加工食品、特に硝酸塩や亜硝酸塩で処理される食品は絶対に避けるべきで焦げるほど焼いた肉、塩辛い食べ物は慎むようにします。

 

反面、新鮮な果物や野菜の摂取を増やして、ビタミン類の摂取を持続的にすることが望ましい。

 

食生活習慣が胃癌発病の主要な原因であるとする証拠は非常に多い。

 

その中最も代表的な例は、胃癌の発生率が違う地域間を移動した移民者とその子孫での胃癌発生様相の変化です。

 

ハワイに移住した日本人移民一世では胃癌発生率は日本本土人と差があまりありませんが、ハワイで生まれた移民二世の胃癌発生率は米国の発生率と差がありません。

 

 

この観察結果は、生活環境、特に食生活習慣が胃癌の発生に大きい影響を及ぼすことを示唆します。

 

 

  ⇒ ガンからの生還! 自宅でできる最後の砦

胃がんの怖さを知っていますか?

がんが恐ろしいのは転移を起こして無限に増殖することです。
普通の細胞は無限に増殖することはありませんが、
がん細胞は周りにお構いなく自分勝手に無限に増殖し、
その結果、正常な細胞の生存を妨げてしまうことです。
胃の細胞は、食物を消化する胃の働きをしてくれないと困りますよね。

 

がん細胞は胃の働きはしてくれません。
それどころか、でかい面をして本来の胃の細胞の居場所さえふんだくって、
胃の正常な細胞の居場所を無くしてしまうのです。
そして自分の家族だけをドンドン増やします。

 

胃の働きをしないごくつぶしのろくでなし細胞だけになってしまった胃は
いったいどうなってしまうのか?

 

胃はもはや単なる肉の塊に過ぎず、胃としては機能しません。
胃以外の臓器にもドンドン転移して同じようなことが起こりますから、
体の中はまともに働いている臓器がドンドン減ってきます。

 

で、そのうちに生命維持が出来なくなって、ジエンドとなります。

 

恐ろしい胃がんにならない100%確実な方法は今のところありませんので、
胃がんになっても如何に早く胃がんを発見するかが重要です。

 

それにはまず胃がんの症状を知らなくてはなりません。
はたして胃がんの症状にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。
あなたの命を救うのはあなたの心がけ次第です。

 

 

  ⇒ ガンからの生還! 自宅でできる最後の砦

早期胃がんと進行胃がんの区別は?

胃壁はいくつかの組織の層が重なって出来ています。
内側が粘膜、外側が漿膜という組織で、
その間に平滑筋という筋肉の層があります。

 

「早期胃がん」とは、筋肉の層まで達していない胃がんを言います。
「進行胃がん」とは、筋肉の層を超えて深くなった胃がんを言います。

 

胃がんの転移がある、胃がんの転移が無い、ということから、
早期胃がんと進行胃がんの区別がつくものではないのです。
早期胃がんでも転移していることがあり、
進行胃がんでも転移していないことがあります。

 

胃がんを始め消化管のがんでは、
リンパ節への転移可能性はがんの大きさではなく、
がんの深さと関連します。
リンパ節への転移の程度は、
「粘膜下層がん」でリンパ節転移は20%です。
筋肉の層に達する進行がんだとリンパ節転移は50%以上です。

 

早期胃がんはまず無症状ですが進行がんでは、
みずおちの痛み、食物の通過障害による胃のもたれ、吐き気、胸やけ、
食欲不振等々が起こります。

 

更に胃がんが進行すると、がんからの出血が多くなります。
すると貧血になりやすくなり、
一方では血が便に混ざる為にまっ黒な便が出るようになります。
ここまでくると栄養状態が相当悪くなりますので体重が著しく減少します。
ですから急に痩せるのは危険信号なのです。

 

同じような理由から食べ物の好みが変わるのも
見落としてはならない胃がんの症状です。

 

がんが胃の壁を貫いてもっとも外側の漿膜に達すると、
がん細胞が腹腔内に種をまいたようにこぼれだして腹水がたまるようになります。

 

 

  ⇒ ガンからの生還! 自宅でできる最後の砦

 

胃がんの症状とスキルス胃癌

胃がんの初期症状は無症状なので特に発見が困難です。
定期的ながん検診を受けましょう。

 

進行がんになって初めて胃がんの自覚症状が出てきます。
みずおちの痛み、食物の通過障害による胃のもたれ、吐き気、胸やけ、食欲不振等々、
更に胃がんが進行し末期症状になるとがんの出血に伴う諸症状が現れます。

 

さて、スキルス胃がんのことです。
グラビアアイドルの堀江しのぶさん(23歳)、
アナウンサーの逸見政孝さん(48歳)らがスキルス胃癌でなくなったことは有名です。

 

このスキルス胃がん、医学的には
【びまん性に胃壁に広く浸潤し、腹膜播種を来たして癌性腹膜炎(血性の腹水貯留)
に発展しやすいため、もっとも予後不良で若年女性に多い】
と説明されています。

 

普通の進行胃がんでは、
がん病巣は粘膜上にあって火山の噴火口のように盛り上がっていることが多いのです。
そのため内視鏡で発見されやすい。

 

スキルス胃がんは粘膜上に出来る癌ではなく隆起部がありません。
胃壁内部全体に横に広がるので内視鏡では発見できないことが多い。

 

このようにスキルス胃がんは見つけにくいのが特徴で、
バリウムを飲んでも胃カメラでも発見しにくいため、
見つかった時には手遅れということが珍しくありません。

 

スキルス胃がんは、胃がん全体の約10%を占め、
比較的若い人(30〜40代)、男性より女性に多くみられます。

 

女性ホルモンが悪化要因とされていて、
妊娠や出産時期に重なっていると、がんは急に悪化するそうです。

 

スキルス胃がんは自覚症状が出たときはほとんど手遅れの状態だと言うことですが、
100%助からないということではありません。

 

生存率○○%ということは、助かっている方のほうが多いことをあらわしています。

 

 

  ⇒ ガンからの生還! 自宅でできる最後の砦

参考